「トルコリラ/円」の基礎用語解説【ほったらかしガチホFX】

「トルコリラ/円」の基礎用語解説【ほったらかしガチホFX】

「トルコリラ/円」の基礎用語解説

 

「トルコリラ/円」を取引するにあたって、必要最小限知っておいた方が良い、FX用語を解説します。

 

 

 

私が当サイトで運用している、高金利通貨の「トルコリラ/円」を、「ほったらかしガチホFX」で取引する視点での解釈です。


ほったらかしガチホFXとは?

「ほったらかしガチホFX」は私が名付けた当サイトで運用している投資方法です。

 

買ったらしばらくホールド、一日中FXのチャートを気にせずに、サラリーマンとしての本業に力を入れ、家族や趣味を中心にした生活を送ることを目的にしています。

 

そのため「為替差益」で一攫千金を狙うのではなく、スワップポイント(金利)でコツコツ増やして、1年、5年、10年かけて目標金額を達成するFXの運用方法です。

 

スワップポイントで貰える金額が重要なので高金利通貨「トルコリラ/円」で運用しています。

 

当サイトで利用しているのは「GMOクリック証券」の「クリック365」です。

 

「スワップポイント(金利)」とは?

「スワップポイント(スワップ金利)」は2国間の金利差から得られる利益です。例えば、日本の低金利通貨の「円」を売って、高金利のトルコの通貨「トルコリラ」を買うと、その差額の金額を毎日受け取ることができます。

 

私が利用しているGMOクリック証券「くりっく365」では1日のスワップポイントは・・・

 

123円

 

です!(※2019年1月29日時点の情報)

 

 

ざっと1万通貨を購入した時の1ヶ月で得られるスワップポイントは・・・

 

123円 X 31日 = 3,813 円

 

 

ほっておいても1ヶ月で4,000円程度のお金が増え続けることになります。


 

最低必要証拠金とは?

FXの取引をするには、必要最低限の「証拠金=お金」が必要となります。そのお金を用意しなければ売買できません。

 

もちろん為替は変動しますので、変動リスクを考えて、それ以上のお金も必要となります。

 

例えば「ドル円」を1万通貨買うために証拠金は「4万4000」円程度必要です。

 

 

ところが私が運用しているGMOクリック証券「くりっく365」では、「8,100

 

「トルコリラ」は通貨の金額自体が比較的安いため「1万2000」円程度で購入することができます。(2018年1月31日現在)

 

「トルコリラ」のスワップ金利によってもらえる金額や「最低必要証拠金」は、会社によって多少の違いがあります。

 

「スワップポイント(金利)」はいつもらえる?

「トルコリラ/円」を購入して1日に保持していたらもらえます。

 

当サイトで運用しているGMOクリック証券の「くりっく365」では取引終了時刻、、米国標準時間なら平日は午前6:55、土曜日は午前6:00まで持っていたらスワップポイントが獲得できます。

 

米国夏時間の時は平日は午前5:55、土曜日は午前5:00に変更となります。

 

また土日のスワップポイントに関しては、少し複雑ですが、水曜日の朝(米国標準時間【午前6:55】)までもっていたら、3日分付きます。

 



「トルコリラ/円」の口座開設はこちら!当サイトはGMOクリック証券の「くりっく365」で運用しています。口座開設は無料です。

GMOクリック証券【くりっく365】