【スワップ累計1万円】2019年3月22日(金)からトルコリラは乱高下

【スワップ累計1万円】2019年3月22日(金)からトルコリラは乱高下【2019年3月29日実践ブログ】

私は2019年1月9日からトルコリラ/円を買いポジションで1万通貨保有しています。

 

2019年3月29日の「トルコリラ/円」累積スワップポイント

 

現時点(2019/03/29)では、スワップポイントの累計が1万を超えて、順調に資産が増えてきました。

 

ところが、2019年3月22日(金)からトルコリラは乱高下しています。

 

 

基本的に私の「ほったらかしガチホFX」はポジションを取ったら、ロスカットされない限りはニュースなど何も気にせずに、ポジションを持ち続ける投資方法です。すでにロスカットはこまで3回経験していて、現在が「トルコリラ/円」の4回目の挑戦中です。

 

 

3月22日(金)ではロスカットされず、無事にポジションを維持したままです。

 

 

今回はロスカットされなかった原因、そして乱高下の原因について振り返りたいと思います。


2019年3月22日(金)のトルコリラ下落の原因はトルコ経済悪化、さらに地方選挙で不安定

3月22日(金)にトルコリラは急落し「トルコリラ/円」は19円を割ってきました。

 

私がいつも参考にさせていただいているエミン・ユルマズさんの「ZAIFX!」では、以下のように原因が書かれていした。

 

 

急落した表向きの理由は、トランプ大統領のゴラン高原に対する発言にエルドアン大統領が激怒したことですが、本当の理由はトルコ経済の悪化を受け、一部ヘッジファンドがトルコリラに対してショートのポジションを取ったことです。

 

出典:ZAI FX トルコ地方選挙前にボラティリティが急騰!トルコリラが乱高下した本当の理由とは…!?

 

 

原因はトルコ経済の悪化、それに合わせて、ヘッジファンドが売りによる仕掛けを行ってきたことのようです。

 

そして3月25日(月)からは、トルコ中銀はスワップ金利を上昇させて対抗しています。

 

 

現時点(2019/03/29)の「GMOクリック証券」の「くりっく365」の買いポジションでもらえるスワップポイントがなんと!

 

2019年3月29日の1日にもらえるスワップポイント

 

 

185円です!

 

 

1万通貨に必要な証拠金もたった「8,170」という金額で、毎日200円程度資産が増えることになります。(これがずっと続くことはないですが・・・)

 

 

そして現在「トルコリラ/円」のボラリティが高いは、今週末に行われるトルコの地方選挙があるからです。

 

この選挙の荒れ具合によっては、トルコリラの乱高下が続くので注意が必要です。

今回の乱高下でロスカットされなかった理由

2019年3月29日のトルコリラ/円のチャート

 

今回ロスカットされなかったのは以下の2つの理由です。

 

  • 逆指値(トリガー設定)を外した
  • ポジションを増やさなかった

 

気になったので逆指値(トリガー設定)を外した

私は3月22日(金)の時点で、ショートの仕掛け(売り)で、ロスカットさせられそうだな・・・

 

と思って、本当は運用ルールとしてはNGなのですが、逆指値(トリガー設定)を外しました。

 

現在、私はトリガー設定(逆指値)はしていません。スワップポイントで資産が増えているので今は、18円までの下落は耐えられ計算になります。

 

 

これ以上下がったら強制ロスカットされますが、仕方がありません。


 

資産が増えても、ポジションを増やさなかった

私は良くスワップポイントや為替差益で資産が増えてくると、すぐに「トルコリラ/円」のポジションを増やす癖があります。

 

ポジションを大きくすると、急激な下落で簡単に為替差益でロスカットされてしまいます。

 

今回はそれをしなかったのが、ロスカットされなかった大きな理由です。

 

 

 

とはいえ、地方選挙の結果が出るまで、「トルコリラ/円」はまだまだ予断を許さないです。選挙結果がわかるのは、日本時間の4月1日(月)の未明のようです。




「トルコリラ/円」の口座開設はこちら!当サイトはGMOクリック証券の「くりっく365」で運用しています。口座開設は無料です。

GMOクリック証券【くりっく365】